オンラインカジノ 決済方法

エコペイズ(ecoPayz)を使って脱税は可能?税務署に税金はばれないのか解説

オンラインカジノは一定以上の収益が発生すると課税対象です。

しかし電子決済サービスのエコペイズ(ecoPayz)を利用することによって、税務署にばれないのか?について耳にしたので、解説したいと思います。

オンラインカジノの税金払ってますか?

ご存知ない方もいるようですが、オンラインカジノは課税対象です。

そのため一定以上の収益が発生すると、確定申告をする必要があるんですね。

ですがパチンコや競馬、競艇などでの申告漏れはあまり耳にしませんよね?それは現金の受け渡しを税務署が把握しきれていないだけだからなんですね。

一方、オンラインカジノの場合は入出金履歴がネット上に残ってしまいます。

そこで気になるのが、海外の電子決済サービスのエコペイズ(もしくは他のサービス)を使うことで、申告しなくても済むのでは?ですよね?

エコペイズ(ecoPayz)は税務調査される?

結論から伝えるとバレにくいです。

エコペイズ(ecoPayz)はイギリスにある「PSI–Pay Ltd.」という会社の一つのサービスです。

関連
ecoPayz(エコペイズ)とは?詳細と登録方法の解説

続きを見る

ですので、海外にある「PSI–Pay Ltd.」の入出金履歴を日本の税務署は確認することはできないんですね。

その点だけみると、たしかにばれにくいと言えます。

それならいくら出金しても大丈夫なのでは?と思いたいところですが、世の中はそんなに甘くないようです。

エコペイズを使っても脱税がばれる理由について

ここからはエコペイズを使っても脱税がバレる理由をご紹介します。

100万以上の送金で「国外送金等調書」

「国外送金等調書(こくがいそうきんなどちょうしょ)」はご存知でしょうか?

海外から日本の金融機関に100万円以上の送金があると、金融機関から「国外送金等調書」という報告書が税務署に提出されるようです。

「この人の口座に海外から100万円(以上)の振込みありましたよ!」

と税務署に報告されるんですね。

これはオンラインカジノに限った話ではなく、海外FXなどで出金する場合もです。

小分けにしても名寄せされる可能性

では100万円以下の小分けにすればセーフでは?

20万、30万、10万、40万といった感じですね。

ですがこれもお勧めできません。

「名寄せ」という言葉についてご存知でしょうか?

主に金融業界で使われる言葉ですが、一定数のデータを同一企業や同一世帯などとデータを管理することを指します。

税務署が金融機関に名寄せすると「○○さんという方の口座の入出金履歴を照会させてください」税務署から確認することがことができるんですね。

当然、一定数のデータで管理しているため、住所や企業ごとで確認されることでしょう。

そうなると周囲の人や会社から、芋づる式に発覚する場合も考えられますよね。

身内からのタレコミによる発覚

税務署が調査をするのは、エコペイズの送金に限ったことだけではありません。

マイホームの購入時、遺産相続で多額のお金が動くとき、多額の生命保険を受け取ったときなど、名寄せでなくても調査される機会は日常に潜んでいます

(そもそも実際は少額でも調査しているかもしれません。)

本人がいくらばれないように工夫をしても、把握していないところから調べられるケースもあるようです。

ご近所の方が高級車を買ったなど、羽振りがよくなっただの耳にしたことがあるかもしれません。

匿名で誰かにタレコミされ、調査される可能性もあるのです。

身内の訃報から調査される「相続についてのお尋ね」

タレコミだけでなく身内の不幸からも発覚することもあります。

有料記事となっているため、途中までしか読めません。

ですがこういったケースから調査されることもある、と覚えておかないと痛い目をみますね。

勝利金をオンラインカジノに預けたままにしておけば税務署にはバレない?

勝利したお金をオンラインカジノ(または海外運営の決済サービス)に預けたままにしておけば、日本の税務署には分かりません。

つまり、年内に収益を100億上げようが、カジノから出金しなければ課税対象ではないということです。

ですが、日本の銀行に出金した時点で課税対象になります。

その点はしっかり理解しておきましょう。

この方法は、その年の税金を納めるか納めないか?という計算ができていれば、年をまたぐときに出金するかしないか判断することができます。

合わせて読みたい
オンラインカジノの税金について・計算方法と注意点

続きを見る

エコペイズに危険性はあるのか?

上記の解説からも、エコペイズ自体に危険性があるわけではありません。

勝利金を申告せず、あとあと税務署にバレてしまうことが危険なのです。

エコペイズの詳細

まとめると…

エコペイズを使っても脱税は遅かれ早かれバレます。

万が一調査に入られ、税務署に悪質だと判断された場合、最長7年分まで遡って調べられるようです。

税務署に入られるのでは?なんて心配しながら過ごすのは、とても健康的とはいえませんよね?

逆に、脱税しなければいくら稼いでもよい!ということです。

バカラやルーレットで稼ぎ続ける人もいるようですし、コンスタントに稼げるようになりたいですね。

なるほど脱税はムリか。いっそ遊んでみるか!という方はこちらの記事を参考にしてください。

合わせて読みたい
【2024年・35選】入金不要(登録)ボーナスが貰えるオンラインカジノ一覧

続きを見る

参考 オンラインカジノの税金の計算方法

参考 バカラ・ルーレットの攻略法や必勝法の一覧

 

ピックアップカジノ

毎週貰える100%ボーナスがお得!「7スピン(7SPIN)カジノ」

7スピンのおすすめポイントは2点です。

・週末だけの100%ボーナス
・業界NO.1のリベート率(スロット最大1.6%、ライブ最大1.1%)

「週末だけの100%ボーナス」は、毎週定期的に開催されるプロモーションのため、毎月最大$400の入金ボーナスが貰えることになります。

初回入金ボーナス以降も、「毎月100%ボーナスが欲しい!」という方は、7SPINがおすすめです!

※新規プレイヤー限定:入金不要ボーナス$15プレゼント中

出金申請して数分で着金!【エルドアカジノ(ELDOAH CASINO)】

ハイスペック志向の方は「エルドアカジノ」がおすすめです。

・「入出金上限額なし」
「業界トップクラスの入出金スピード」
「お得すぎるVIPプログラム」

特に優れているのが、高額な入出金でも反映時間が早いこと。上限がありませんので、500万でも1,000万でも、スピーディに入出金することが可能です。

「高額な出金でもすぐに着金して欲しい」

そんな方はエルドアカジノです。

プロモーションコード【2000bonus】で、入金不要ボーナス2,000円が無料で貰えます。

※右の「Copy」ボタンを押してから「公式HPはこちら」をクリックしてください

2000bonus

賭け条件なしのイギリス人気No1カジノ「プレイオジョ(PlayOJO)」

プレイオジョの特徴は、全てのボーナス、オファー、特典、勝利金に対して「賭け条件一切なし」という点です。

従来のオンラインカジノのように、(賭け条件が何倍だから~)と考える必要はありません。

「勝った分はすぐに出金したい!」

そんな方におすすめです。

当サイト限定:フリースピン通常50回 初回入金ボーナスフリースピン80回プレゼント中

-オンラインカジノ, 決済方法